Content

SEFの活動を紹介します

メイン活動

Main Content

SEFの活動

SEFでは大学生のe-sports活動を盛り上げるため
大学間のe-sports大会を主催します

大会主催

大学間e-sports部対抗でのリーグ戦を主催します
大会に関する情報はINFORMATIONをご覧ください

その他のイベント

大会開催以外にも、大学間の交流を活性化させるために様々なイベントを行っています
過去のイベント情報はACHIEVEMENTをご覧ください

SEFは大会主催以外にも様々な活動を行なっています

SEFの活動について詳しく見る

その他の活動

Sub Content

大会の主催に加え、SEFでは以下の活動も行なっています

e-sportsを通した人材育成

大会の企画や運営会社との連携を通して学生に活躍の場を提供
社会において必要とされる知識・経験を成熟させる

選手

大会に出場し、結果を残すことで
企業に抜擢されるように
あるいは、所属して練習することに価値を見出せるような環境を作る

運営

大会運営において必要な企画・人事・整備などを経験
社会人になって要求されるスキルが身につく
協賛企業とのディスカッションを通して、企業との交流も実現できる

e-sportsの活動を通して、社会に必要なスキルを身につける

チート・大会ルールの規約設計

しばしば問題視されるチート問題を解決する
大会の質を高めて、e-sportsの発展に寄与する

従来のスポーツの大会

 ルール改正が行われることは少ないので
 大会の規約設計などが比較的簡易

e-sportsの大会

 ゲームのタイトルごとにルールが異なり、
 また新しいタイトルが発表されるたびに
 大会の規約設計が必要となる。

さらに、e-sportsではチート(身体スポーツで言うドーピング) が頻繁に行われ、大会運営者はその対策を必要とされている。

そのため、e-sportsに精通した公的な団体による 大会の規約設計はe-sportsの発展において重要である

ゲーム障害等に対する制度設計

ゲームのやりすぎによる健康被害を防ぐための制度設計を担当する
ゲームをプレイすることで人体にどのような影響があるかを研究する

はじめに

先日、WHOによりゲーム障害について言及があり、正式に病気と認定された
ゲームに関してのネガティブなイメージを払拭することと
それにあたっての法的規制の整備が必要とされている

研究

・ネガティブな印象を取り除くための研究
(例)ゲーミフィケーションと学習効果の関係
・ゲーム障害認定者によく見られる引きこもりの解消
(例)定期的なオフラインイベントの開催

e-sportsの発展に伴う諸問題についても明確な制度設計を行う

大学間リーグのライセンス発行

大学生への公的サポート制度としてのライセンスを発行する
学生e-sports連盟がプロとアマチュアの架け橋になる

資金的援助

ライセンスを持つ選手は、連盟の主催する大会への出場権を得る
また、ライセンスという制度により、多額の賞金の獲得が可能となる

環境的援助

ライセンスを持つ選手は、連盟と連携したゲーミングハウスの利用に際して
何らかの優遇を受けることができる

育成的援助

ライセンスを持つ選手は、プロの選手による恒久的な指導を受けることができ
またプロになるための道順について、連盟から何らかの支援を受けることができる

e-sportsを現実的な進路選択肢の一つに